主星の解説
 命盤の例(説明用)
   命宮
天梁星

D6歳~15歳
  父母宮
七殺星

D116~125歳
  福徳宮


D106~115歳
  田宅宮
廉貞星

D96歳~105歳
  兄弟宮
紫微星
天相星
D16歳~25歳
 女性の命盤     官禄宮


D86歳~95歳
  夫妻宮
天機星
巨門星
D26歳~35歳
      奴僕宮
破軍星

D76歳~85歳
  子女宮
貪狼星

D36歳~45歳
 財帛宮
 太陽星
太陰星
D46歳~55歳
 疾厄宮
 武曲星
天府星
D56歳~65歳
 遷移宮
 天同星

D66歳~75歳
紫微斗数の命盤に入る様々な星の解説をします。
左の簡易命盤の「命宮」という左上の隅にある升には「天梁星」という星が入っていますが、この命盤では、命宮に「天梁星」が入っていますので、この命盤の人の事を「天梁星の人」とも云います。
命宮に「天梁星」が入る場合には、その人の性格や才能、職業などは主星の「天梁星」の持つ星の性質を持つことになります。
ただ、命宮が12個の升の何処に成るかによっても傾向が変わってきますし、14個の主星が2個一緒に入ることも有ります。 命宮に主星が1つだけを「独主」と云います。
 主星 雰囲気  長所  短所   備考
 命無正曜格 命宮に主星が全く無い人は、命宮の対宮の「遷移宮」の主星で、命宮を判断します。その場合、「遷移宮」の主星の影響力は70%ぐらいに減少すると言われています。   基本的には「遷移宮」の主星の良い所が現れます。
命宮に「吉星」の副星が有れば長所は助長されます。
 基本的には「遷移宮」の主星の短所が現れますが、命宮に「凶星」の副星が有れば、主星の欠点は助長されますし、凶副星の凶意が強く現れます。  命宮に「主体」が無い状態ですので、社会環境や周囲の人間環境に振り回されやすくなり、苦労が多い傾向に成りやすいです。
占いに来る人多いです。
 紫微星
独主

 アクが無いと言いますか、強い個性あまり感じられなく穏やかな雰囲気の人です。スペシャリストというよりは、ゼネラリストです。
物事を徹底的に究明するというより、浅く広くの傾向が有ります。
また紫微星は主体性が弱いので、他の主星と同宮すると、同宮した主星の特性が現れやすく成ります。

 のんびりした雰囲気で、友人なども多く、競争社会にはやや不向きですが、人に好かれ平凡な感じです。代表の星ですが、ワンマンさが無いので、周囲に相談する人が居ると良いです。  紫微斗数の代表の星と言うだけあって、プライドが高いので、上から目線を感じさせますが、心根は善です。競争や性急さを要求されたり、ハードな事には不向きです。  不思議な事に、私は未だに「命宮」が紫微星独主の人の相談を受けた事が有りません。それだけ悩みの少ない人かも知れませんね。
 天機星
独主
 優しそうな雰囲気を持っていますが、理想家で完璧主義的でもあるので、現実は思うように行かないことも多いので短気に成ることが有り、それが顔に出やすいです。  知恵の星ですから、企画や計画が得意で良い意味での策謀家です。参謀として能力を発揮する人です。手先も器用で、天の機密を知ろうというくらいの人ですから、研究熱心で学問分野に秀でています。神秘的な事を好む傾向も強いです。  人の上に立つのは不向きです。それは理想が高いために就いて行く人から反発されるようです。また物事を性急に結果を得ようとするために落ち着きに欠け変化の多い傾向が出ます。神経質な傾向も有り物事に没頭するために金儲けには不向きです。  技術系、研究、宗教、企画、設計向き。不眠や精神、神経症に要注意。
 太陽星
独主
陽気で楽天的、活動的に行動する人。積極的でも有り、目立ちたがり屋です。   細かいことを気にしなく、気前も良く人の世話もよく観ます。社交性が強く、人に従うのは好まず、何事も先に立ってやる傾向が有ります。  気前が良い分、金銭管理は苦手で、執念深く無いので諦めるのも早いです。女性の場合には男っぽくなるので、恋愛はそれなりの相手が良いです。  太陽星は生まれ時刻で運勢の強弱が極端になります。
 武曲星
独主
超現実主義的です。精神性より現実的な事を重要視します。根は善良で人助けを好みます。
のんびりは好みません。何でもテキパキとしないと気が済みません。
 
 働き者の星で、金銭欲も強い傾向です。物事に対して遠慮は無く、思ったことを実行しやり遂げる精神力に秀でています。愚痴などは言わないし、愚痴を聞くと腹が立つタイプです。物事は素早く処理する人です。迷ったり悩んだりあまり有りません。即断の人です。  負けず嫌いで、直情的で短慮なので、時に孤独となることも有ります。自信家でも有るためにウジウジしてる人を嫌います。女性は不甲斐ない夫と結婚し苦労する人も見受けられます。  女性には、やや不利な星で、結婚しても仕事を持って目を外に向ける方が長続きします。
 天同星
独主
とても穏やかな優しさ溢れる人です。勇壮さは無く、争い事を嫌い、容姿も優れてる人が多いです。人に何かを頼まれれば断ることが出来ないで、人から好かれます。愛想も良く文芸の嗜みも有ります。   謙虚で平和主義で、多芸多才です。異性にも好感度が良いです。
仕事の選り好みは無く、逆に便利に使われてしまう事も多いです。
 頼まれると断れないタイプなので、無理をして疲弊することも有ります。異性の受けが良いので桃花色情トラブルに巻き込まれることも有ります。持久力に欠けるので男性には不利な星です。  粗野な人々の中に居ると損をさせられることも多くなります。
 廉貞星
独主
個性の強い人になります。良い傾向ならアイドル系のようになり、悪い傾向が有れば、丸顔を四角にしたようになり、目もギョロッとした雰囲気になります。   負けず嫌いで剛毅で、嫉妬心も強く投機的な事を好み、交渉事にも長けています。あまりクヨクヨせずに、気持ちの切り替えが早いです。物事を行う時に、あまり深く考えずに衝動的に行動します。一発勝負師のような行動傾向です。
リーダーシップも有り、自分に出来ることが出来ない人を観ると腹が立ちます。タレント性が有る場合も多いです。
 異性縁が強く、男女の色情トラブルを起こしやすいです。運気が悪いと怪我や災難に遭う可能性も有ります。人に厳しいので付いていく部下は苦労することも多々有ります。勝負師なので、突然に大発展したかと思えば、一夜にして奈落に堕ちるような人生に成りやすいです。
礼儀や作法、言葉使いに無頓着な傾向。
 愛想はあまり良くありません。人の好き嫌いが激しく、好きな人は面倒をよく見ますが、嫌いな人には仕置をしたくなります。秘密主義の傾向も有ります。
 天府星
独主
あまり細かい事に拘りません。寛大な性格になります。遷移宮に「七殺星」が入るので、見た目は怖い雰囲気が有りますが、大らかです。   物事にあまり好き嫌いは無く、何でもほどほどに出来る人です。ただ「紫微星」と同様にスペシャリストと言うよりゼネラリストです。保守的で安定を求めます。  拘りの無さが、強く出ると大雑把ということになります。自分でチマチマ動くことはあまりせず、人に指図する方が合っています。  北の「紫微星」
南の「天府星」
といった存在です。
 太陰星
独主
男性なら女性的な雰囲気で「ヤサ男」な人が多いです。女性ならナヨナヨしたり色っぽい雰囲気では無く、清純な雰囲気の大和撫子的な女性です。   精神性の強い人で、博学で芸術性なども有り、優しいです。肉体派ではなく頭脳系労働者です。ロマンチックでもあります。  「天機星」と並んで精神性が強い分、神経質に成ったり物事を気にする所が有ります。また消極的な面も有ります。  競争社会には不向きで、男性には不利な星です。
 貪狼星
独主
 見た目に特徴が有ります。
男性では男性的な雰囲気ですが、強面的では有りません。女性は妖艶な色っぽさが出ます。フェロモンを漂わせてるような雰囲気が出たりもします。
 欲望の星ですから、物質欲、金銭欲は強くなり貪欲に頑張る事もします。多芸多才で芸術性も備えてる場合が多いです。性格が剛強ですが社交家でも有ります。酒食を好む人も多いです。お洒落でも有ります。  単調な事を嫌い、変化の多い事を好みます。行動や身のこなしが粗雑な印象を与えることが有ります。命盤の状態が悪いと色恋のトラブルが多く発生します。自由奔放な生き方を好みます。  芸能界になどにも多いタイプです。現実的な星なのに精神性の強い星でも有り、霊的感性のある人も多いです。
 巨門星
独主
口元に特徴がある場合が多く、特に女性は色白傾向で美形の人が多いです。   「巨門」は「口」を意味し、話すことに特徴が有ります。命盤の状態が良ければ「口才」を発揮し、話すことが仕事に成ります。人が気が付かない所にも気付くような所があり、研究家などにも向きますが、アナウンサーや司会、プレゼンテーションなどの分野で活躍も出来ます。  命盤の状態が悪いと、人の欠点を見付け、無意識に言う傾向が出て「口災」となり人間関係で苦労するようになり、悪くすると「お喋りの星」なのに根暗で無口になったりします。毒舌家などとも言われたりします。
金銭欲はあまり有りません。
 研究家、コメンテーターなどマスコミ向きです。チームワークはあまり上手では有りません。
 天相星
独主
礼儀正しく、品行方正。学問の星であり、行動は不言実行型です。争いを好まず、優しく面倒見も良いです。   責任感も強く、勤勉です。「天同星」に似ていますが、天相星は持久力が有ります。ただ身体は剛健でないので無理は出来ません。参謀として才能を発揮するタイプです。  犠牲愛タイプですから、頼まれれば一生懸命やってくれます。従って狡猾な人に利用され苦労することが有ります。人の上に立つと苦労が絶えません。  ユーモアは有りますが恥ずかしがり屋です。
 天梁星
独主
あまりユーモアの有る人は居ません。どちらかと言えば「糞真面目タイプ」ですが、棟梁の星ですから、人を統率するのが秀でています。常に自分の考えをしっかり持っていて、人に惑わされることは少ないです。   あまりクヨクヨすることは無くサッパリとした性格です。落ち着いた雰囲気を持っており、、周囲の状況判断も的確に即断出来る才能が有ります。それが自信にもつながっています。弁論に優れていて考えもシッカリしているので人を論破する傾向も有ります。プライドは高いです。  自信家でも有りますから、自分の考えを人に押し付けるような所も有ります。時にワンマンになったりもします。自信家なのにハッキリ判断が出来ない時は神経質に成りますが、表面には見せません。それが自身のストレスになるようです。  お世辞など言えないので、人付き合いは硬い付き合いになります。色恋は苦手でロマンスにはあまり縁が無い方です。
 七殺星
独主
印象は大らかですが、それは「遷移宮」に必ず「天府星」が入るからです。しかし、「凶星」が同宮の場合、その限りでは有りません。
性格的にはアウトローです。人に従うことを好まず、常に挑戦的です。
 
 進んで困難に挑戦するような所が有ります。冒険者の星でも有ります。困難に遭遇しても七転び八起きとは、七殺星の人を言うのかも知れません。苦労の末に成功を収める人に多いです。  人に従うのを好まないので、人間関係で苦労したり、組織で働くのは不向きです。独立自営向きの人です。ただ成功するか否かは命盤の状態にもよります。  一切束縛されるのを嫌いますから、自由に活動出来るスタイルが良いです。
 破軍星
独主
 印象は優しいです。容姿が比較的優れている人も多いです。身のこなしは「貪狼星」に似て、アバウトな感じです。個性的な人です。異性縁が多いです。物事は性急に行動する傾向が有ります。  ロマンチストです。冒険心も有り、古い因習に拘るのを嫌います。反骨精神旺盛で、社会に対しても批判的に成ったりします。ある意味、妙な「正義の味方」でも有ったりします。人に指図するのも、指図されるのも嫌います。人に馴染む所も少ないので一人で行動することも多いようです。現実的に観えますが、意外と精神性の強いタイプです。酒席も好みます。  「破軍星」は、14主星の中で一番の「損耗の星」と言われるだけあって、破天荒の人生を送りやすいです。それは、物事をじっくり考えないで性急に進めるために失敗も多く、しかも冒険的で、新しいもの好きですし、人の意見もあまり聞かないのが原因と感じます。  好き嫌いも強く、好きな事には没頭しますが、嫌いなことには見向きもしない所があります。
プライドも高いです。芸術面での才能を備えてる場合も多いです。
   これより、下表は  2つの主星が同宮する  場合の特徴です。  
 紫微星
天府星
 紫微星は、参謀を従えた王様のような星ですから、同宮する星の性格の影響を増幅するような傾向が有ります。
紫微星の穏やかさと、天府星のアバウトな面が混ざった感じになります。
 紫微星は参謀の意見を聞くタイプですが、天府星は人に指図するタイプで有り、やや二面性が有ります。プライドは高くなり、自分中心な所も有るけれど、群れることも好きなようです。しかし群れの中に有っても人に従うことはあまりしません。お役人タイプです。  人に頭を下げることが苦手なので金儲けは向きません。
精神的に落ち着きが無くなり、何かとじっとしている事が少なく、精神面で苦労性になるようです。
 命盤の状態により、財に恵まれたり、逆に苦労が多くなったり一様では有りません。
 紫微星
貪狼星
 貪狼星の性状が強まり、異性関係も旺盛に成ったり、がむしゃらに欲する傾向が出たりして、人生はやや波乱傾向になります。  一般に頑張り屋さんになります。
芸術的なセンスも優れたりします。自由奔放に生きようとします。
遷移宮が空(無星曜)なので、命宮に覆いが無くなり丸見え状態になりますから、異性から誤解されることも起こる可能性が有ります。
 色恋トラブルが多くなります。
交際が多くなる分、人間関係のトラブルも多くなる場合が有ります。
 遷移宮が「無星曜」になるので、社会運が不安定に成りやすいです。遷移宮の副星の吉凶で人生が左右されやすいです。
紫微星
天相星 
 紫微星は、やや主体性に欠ける面が有るので、他の主星と同宮すると、その主星の性格が際立つ傾向と成ります。この場合も「天相星」の性格が基本的に現れます。  紫微星の持っている「人からの助力」という特性が作用し、「天相星」独主より、リーダーシップが取れるようになりますが、大きな組織のトップには不向きで、小規模企業向きです。  基本的には「天相星」ですから、参謀向きでは有ります。大きな組織のトップには不向きです。  遷移宮が「破軍星」で生き方によって変動が多くなります。
紫微星
七殺星 
 基本的には「七殺星」の特性が出ますが、紫微星の穏健さが七殺星の剛強を和らげてくれます。  七殺星の特徴は出ますので、自我も個性も強く、困難も乗り越えます。また七殺星にはあまり無かった名誉や地位を求める性質も出ることが有ります。気配りが出てきます。  「七殺星」独主と同じ傾向です。  遷移宮が「天府星」で第一印象は穏やかに観えます。
 天機星
太陰星
 ロマンチックな傾向が強まります。デリケートな雰囲気です。  感受性が強くなり、芸術面への興味も強まります。神秘的なものに興味を持ち、霊的感性を持つ人も居ます。  遷移宮が「空」になるので、外回りのことは不安定に成りやすく、デスクワーク向きとなります。神経質になったり、悲観的になったりもします。  
 天機星
巨門星
 天機星と巨門星の特徴を併せ持つようになります。  特定のものに凝るようなマニアックな傾向になったり、探究心や分析能力が高まります。研究職、分析、企画、プレゼンテーション向き。  神経質傾向が出たり、細かい事に気付くように成ったり、口災の傾向や人付き合いが苦手になったりします。  遷移宮が「空」ですので出外では変動が多くなります。
 天機星
天梁星
 頭が良く弁論も長けるようになります。  策略や謀略を練ることに長けるようになり、弁論も優れるので説得力も増し、「軍師」向きの人になります。良き参謀、右腕として活躍出来ます。人の面倒見も良くなります。先を読むのが得意になります。  物事を気にする傾向が出てきます。トップに立つのは不向きです。  遷移宮が「空」ですので出外では変動が多くなります。
太陽星
太陰星 
 陰陽の二面性が同居する性格で明と暗、躁と鬱の傾向が出ます。  命宮の場所により、太陽星の傾向が強くなったり、太陰星の性格が強まったりしますので、このタイプの人は一様では有りません。
物事を性急にする傾向が有るので、処理をスピディーにすることに向いています。2つの仕事を持つ人も多い。
 躁と鬱が同居するので、精神的に不安定に成りやすい。一人籠もるような事は避けて、社会と関わりを持つような生活が良い。人生はあらゆることにおいて変化変動が多い。  遷移宮は「空」ですが、命宮が何処に入るかに寄って性格や人生傾向に違いが大きくなります。
 太陽星
巨門星
 陽気でお喋りになったりします。
競争心を持ちます。
 拘りが出てきます。我慢強く辛苦に耐えます。人前で話すことも平気になります。タレント性もある人も多いです。  拘る面が有るのに大雑把だったりします。毒舌になる傾向も。無益な競争心から人間関係で損をする場合も。意外とストレスを受けやすい。  遷移宮は「空」ですが、命宮が何処に入るかに寄って性格や人生傾向に違いが大きくなります。
 太陽星
天梁星
 上記の「太陽・巨門」とは逆に落ち着きが有って、言動も細心さが出てきます。  変な拘りは無く、駄目と思えば潔く撤退します。リーダーシップが有り、自営業や人の上に立つのも向いています。人を統率することが向いています。  束縛されるのを好みません。
命盤の状態によって変化変動の多い人生になる場合も。
 遷移宮は「空」ですが、命宮が何処に入るかに寄って性格や人生傾向に違いが大きくなります。
 武曲星
天府星
 豪放な雰囲気を持ちます。
遷移宮に「七殺星」が入るので、ちょっと強そうな雰囲気も。
 武曲星の現実的に稼ぐ能力が発揮され、天府星の親分肌が作用し、事業を起こしたり、起業する人も多いです。人の面倒見も良いので実業家向き。  人に頭を下げるのは苦手。
優しさは有るが気性は強い。
女性はキャリアウーマン的になる。結婚にはやや不利。
 遷移宮が「七殺星」ですから、社会運は行動的で変化の多い傾向。
占いはあまり信じません。
 武曲星
貪狼星
 社交的です。欲望的です。
常に金儲けを意識しています。
 人生で失敗と成功を大きく体験する傾向が有ります。冒険心旺盛で自分で事業を展開しようとします。金銭欲も人一倍強いです。負けず嫌いで自立心旺盛。  経験不足から大失敗をする可能性も有ります。人生の前半で失敗を経験していれば、後半では発展出来る可能性有り。セッカチで短慮なので地道な努力が必要。  遷移宮は「空」ですが、命宮が何処に入るかに寄って人生傾向に違いが大きくなります。
 武曲星
天相星
 武曲星の強さを「天相星」が抑えてくれて謙虚で勤勉な性格です。何となく孤独感を漂わせていますが、社会性が有ります。  変化変動の多い人生傾向です。動きの有る仕事に適性が有ります。人の人の面倒見が良いので、人を世話する仕事もOKです。専門技術を身に付けるのが向いています。  デスクワークは不向きです。
 
 武曲星
七殺星
 独立心旺盛です。直情的、言葉に遠慮がない。  人の世話に成ることを嫌い、意志は強いです。企画力などは長けているので起業向きです。ただし長期的な計画で行う事が重要。  短慮な所が有るので、投機的なことは失敗する可能性が有ります。  
 武曲星
破軍星
 自己中心的で無謀な性格に成りやすい。衝動的。第一印象は謙虚。  性格がかなり激烈ですから、技術関係向きで人間関係に無関係な仕事がが良い。  独断専行。自己中。人の意見に耳を傾けない。投機的。金銭感覚の欠如。人間関係でも苦労が多い。  占い相談に訪れるタイプで多いタイプです。それだけ人生が波乱に成りやすいです。
 天同星
太陰星
 男女ともに美形の人が多い。温厚で感性が強い。  芸術的感性に長けている。情緒豊か。異性に持てる。精神性が強い。一人で静かに行うデスクワーク向き。  喧騒感の強い環境に弱い。
粗雑な人との関わりでストレスを受ける。競争の有る環境、人を押しのけることは嫌い。異性問題。
 外出や旅行好きの人が多いです。
 天同星
巨門星
 顔に特徴が出ます。
特に女性は目元が大きくて、口元も大きく、異性から注目されます。
 命盤の状態が良ければ、歌唱力に長けたり、話し上手です。研究職や知識とお喋りの必要な講師などに適します。  巨門星は拘りの星ですが、「天同星」の持久力に欠ける性格が現れ、集中力に欠けます。
思ったことを口にしてのトラブル。
人と共同歩調を合わせにくい。
 欲を出し過ぎると失敗する可能性が有ります。
 天同星
天梁星
 聡明で何事にも熱心。
穏やかだが、意志の強さを感じさせる。
 何をしても、そこそこに出来るが、特殊な技術分野で才能を発揮する。活動的。人の面倒見が良く、リーダーシップも有る。  部屋に籠もるような事はあまり向いていない。
ロマンチックではない。
 外出や移動の多い人生に成ります。
 廉貞星
天府星
 優しさを感じさせ、しっかりした人と思われる。
強そうな印象を与えることもあります。
 プライドは高いです。
人縁も良好の傾向です。
割合に恵まれた人生に成る傾向が有ります。実利主義。
 夢を負うような非現実的な事は苦手。複雑な人間関係は苦手。  占いなど信じない人が多いです。
 廉貞星
貪狼星
 行動的で落ち着かないです。割合派手な顔立ちです。  人生の起伏が激しく「吉凶」も変化が大きいです。専門分野、一業に専念すれば成功も可能。外出、交際、飲食の機会が多い。異性縁も多い。冒険心旺盛、投機的。飲食サービス業向き。  忙しく人生を送る割に成果が出にくい。家に籠もることは不向き。口災有り、言葉使いに注意。
異性との色情トラブルに注意。
 占い相談が多いタイプです。それだけ人生は波乱傾向に成りやすい。
 廉貞星
天相星
 小顔の人が多いです。
大人しい印象の人も多い。
社交家に見えます。
 比較的礼儀正しい。
人の面倒見が良い。人縁も比較的良好。冷静で理性も整っていて社会性を備えています。
 金儲けを意識したことは不向き。周囲の人間関係を大切にすること。  
 廉貞星
七殺星
 眼光鋭く強そうな印象を与えます。冒険家に見えます。  独断専行。決断力と行動力が有ります。目の前に障害が立ちはだかっても自力で乗り越えるパワーを持っています。失敗も経験しますが、成功を勝ち取るタイプです。  人の意見にあまり耳を貸しません。金銭管理が下手です。細かい気遣いや意見調整は苦手です。周囲のことは、あまり気にしません。  起業家、冒険家に多いタイプです。
 廉貞星
破軍星
 顔の印象は丸四角で美形です。印象的な雰囲気です。  冒険心、好奇心旺盛で拘りも強い傾向が有ります。
辛抱強くて自分の思ったことに没頭する持久力が有ります。
少人数のチームや一人で出来る環境では能力を発揮します。
専門的な事に向きます。
短期間の集中力は優れているので一発勝負的な業務に向いている。
 感情の起伏は有るが、後にあまり引きずらない。大きな組織には不向きで束縛を嫌う。複雑な人間関係は苦手。
健康面で無茶をしがち。
 命盤の状態が良ければ、芸術的な才能も発揮出来たり、短時間の集中力が良いのでタレントや芸能界でも活躍出来るタイプ。
         
下の表に「命宮」に入った場合の主星の性質の概略をを解説します。命宮には主星の他に副星が入る場合が多いですが、主星のみの場合も有ります。また副星が一緒に入る(同宮という)と、副星には「吉凶作用」が有る星が多いので、その場合、主星は副星の「吉凶作用」の影響を受け、「凶星」だったら主星の短所が際立つ事になります。下記表の説明では「吉凶」の無いナチュラルな時の性質を解説しています。